ENGINE online/エンジン オンライン

BMW M2に“コンペティション”を追加。


クリックすると拡大

M3/4と同じ心臓に。

 BMW Mモデルの末っ子、M2に追加されたコンペティションの販売が日本でも始まった。最大のトピックは3.0リッター直6ターボのエンジン。素のM2は240iと同形式のシングル・ターボ・ベースだったが、“コンペ〜”にはM3やM4と同じM社謹製のツイン・ターボが採用された。出力は410ps/56.1kgm。M3/4の標準モデルよりは21ps小さいが最大トルクは同値で、素のM2よりも40ps/8.7kgm高い。そのほか、大径ブレーキや強化サスペンション、専用セッティングの姿勢安定制御の採用などシャシー性能の向上も図られている。変速機は6段MTとデュアルクラッチ式7段自動MTの2タイプで、価格は873万円と898万円。どちらも素のM2の71万円高となる。 (新井)
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
世界限定1947冊!今月の…
フェラーリの全面協力によって生まれた限定本。初公開となる貴重な写真やエピソードに彩られたこの本…
NEWS
FERRARI/フェラーリ今月…
エクステリアとインテリアをオーナーの望むままに仕立てる特別なパーソナライゼーション・オプション…
NEWS
2019年から3ブランドで…
2018年のパリ・ショウで多くの電動化モデルを見せてきたPSA。その背景にはどのような問題が隠れている…
NEWS
ENGINE beat Music 2018…
ABBAのカバー・アルバムを発表したシェールと、トランプ政権を批判するアルバム『Walls』(壁)を作っ…
NEWS
レディー・ガガが映画に…
ポップス界のスーパースター、レディー・ガガが初主演した映画が、全米で大旋風を巻き起こしている。…
NEWS
ENGINE beat TRAVEL 2019…
10月に京都に開業した『ENSO ANGO』はコンセプトの異なる5つの棟で成り立つホテル。新しい発想で、京…
NEWS
マシンが2世代目に進化…
2018/19シーズンで5年目を迎える電気自動車のF1こと、フォーミュラE。年々自動車メーカーの参入も増…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 ヴァシュロン・コンスタンタン「フィフティーシックス」はシーンを選ばない。
 “インディ500優勝ドライバー”佐藤琢磨氏、仙台に現る!
 次世代のパテック フィリップ。
 若い頃から、本物を愛した男
 デザインも機能も最先端でタイムレス